HOME

 

 食べ物屋さんでも、旅館でも、お店に行くと意識せずとも目にしているのれん。
実はそれぞれに、こだわりを持って作られた暖簾たちなのです。

表現したいこと

今まで意識したことがなかったとしても、ちょっと豆知識を仕入れて見直してみると、
驚くほどその奥深さに興味が湧いてくるでしょう。
ここでは、ちょっとした暖簾の雑学についてご紹介したいと思います。
酒の肴にでもどこかでご披露ください。

だけれでも日本語でこれほど、いろんな意味で使われて、
なおかつまだ存在するものって実は非常に重要ではないかと思うのです。
日本人だからこそしっておきたいちょっと面白いのれんの豆知識。

形がシンプルなだけに、製作工程も全て同じように感じられますが
実際には素材から染め方までかなり幅広い選択範囲があります。

どこまでこだわって作りたいかによっても考え方が違ってきますので
製作を考える際には、事前にある程度知識を身につけておくことが
大切だと言えるでしょう。

何も知らないまま相談しに行くと、その選択範囲の幅広さに
自分がどうしたかったのかを忘れてしまう可能性もあります。

そのためにも、こういった簡単な情報を集めておくということも
案外役に立つものです。

製作を依頼する


 

次へ>>>のれんの歴史