暖簾の文字

 暖簾に描かれているものとして代表的なものが屋号や家紋です。
もともとは日除けなどとして使われていた暖簾ですから、
無地のものが主流でした。

受け継がれている

それが鎌倉時代あたりから、目印として家紋などを入れるようになったと言われています。
このあたりがが現在に通じる暖簾のデザインの始まりなのでしょう。

さらに室町時代あたりになると、家紋以外にも業種や屋号などを
入れるようになり、現在の看板や広告のような役割を果たしていたと考えられます。

また、用途は非常に幅広くなってきていますので、現在では
飲食店や温泉などで最も使われている他、家の中での間仕切りや
棚の目隠しとしても暖簾が活用されるようになりました。

そう考えてみると、のれんが現代の形になって数百年。
それはまだ最近のことなのでびっくりしませんか?

製作の工程

昔からずっとあったものでいうと風呂敷もそうです。

日本古来からあったように思いますが、実は風呂敷専門の会社って
まだ100年くらいなことってしっていましたか?

正直びっくりしますよね。なんか十何代目当主みたいな人が出てきても
おかしくない業界なような気もします。

次へ>>>HOME