のれんをオーダーで作るには?

のれんを作ること自体はそれほど難しくなく、専門に取り扱っている
業者が多く、現在ではインターネットを通じて
簡単に手に入れることができるものです。

ネットで買える

そもそも布ですから配送料もそれほどかからず現代では
インクジェットプリンターなどを用いて簡単にオリジナルものが
作ることができるようになっていますので、様々な目的のものを
作ることができます。

屋台用ののれんを作る方法としては、既製品を使うほか、
オリジナルで一から作ってもらう方法がありますが、
屋台の場合にはその大きさに合わせて作ることが必要ですから
オリジナルで一から作ってもらうというのが一般的です。

のれんを作ってもらう時のポイントとしては、大きさと生地の種類や
染色に使うインクの種類などがあります。

また、縫製の仕方によっても耐久性が変わってくるので、
その点が依頼するときに気を付けなければなりません。

専門に製造しているところであれば、現在ではほとんどが
コンピューターを使って作られていますし、素材についても
大手のメーカーが製造したものを使っていますので
品質的にも変わりないものです。

サイズやデザインが決まっているのであれば、インターネットを
通じて注文すれば、費用を抑えて手に入れることが可能です。

屋台用ののれんは雨に強いものを選ぶ

のれんには様々な用途がありますが、一般のお店であれば
屋外に設置するほか、店内に設置するというケースもあります。

屋外に設置するのであれば、風にさらされますし、雨も掛かる
かもしれません。このような使用環境に合わせて素材を選ぶことが
重要になってきます。

雨に強いのれんとしては、生地に防水や撥水といった加工を
したもので、これによって水が生地に染み込むのを
防ぐことができます。

雨に強い

水が染み込まないことによって水に含まれる汚れが
布に付着するのを防ぐことができます。

屋外に設置するのであれば、防水タイプのものを選ぶことが
ポイントです。撥水の場合には表面だけ施されるものですから、
時間が経過すれば付着してしまいます。

防水の場合には、生地の裏側まで水を通さないように工夫されて
いるものですから、水そのものの付着を防ぐことができ
汚れにくくすることができるものです。

オーダーで作る時には撥水や防水の加工ができるのか
見ておくことが重要で、また元々生地に撥水加工がある物を
用いるというのも手段になります。

撥水加工が最初からされていれば後から施工する手間が
ありませんから、納期までの時間が短くて済むメリットがあるものです。


 

次へ>>>のれんへのこだわり